土浦剣道 2回目

仕事が終わってから、阿見の剣道稽古でお世話になっている先生とまた土浦の稽古会に参加した。
何人にもかかるほど体力はないので3人と決めていた。

最初は行方の名札のついた先生。なるべくまっすぐ打ちに行くようにした。小手とか居ついたところを面をうたれたり全然いいところなかったが、最後にあいさつしたとき、まっすぐ来ていたので良かったと思いますと言ってもらえたのでおやっと思った。

次の先生はつくばの名札の先生。知らない間に面をうたれるという、なんでだろうって。少し強引さが出ていつもの悪い癖、右腕で抱え込んでしまう癖が強く出てしまった。そこを指摘されたので今度お願いする時はそのあたりを気をつけないとなと思う。

最後の先生には自分が打てる近間に入って面をうつようにした。ただ、足がちょっと先についてしまうことが。先生には息を止めて打つようにと。肩で息しているようではだめ。こらえて打つように。

若い先生も来ていたがさすがに体力が持ちません。暑かったし。
他の先生は軽々と何人もやってるのになぁ・・・。

大体の先生が僕より結構年上なのだが、隙なく鋭く打つのがすごいなと。

自分はまだちゃんと基礎固めが出来てないので呼吸法含めて稽古しないとな。