日本剣道形講習

いろいろと技量と、それを身に着けるためのスキルが不足していると自覚はしているが
どうやったらそれなりの成長ができるのかいろいろ考えてはいるが、
実行しちゃう、聞いてしまうに限ると。
記憶から消え、身体が覚えられなくても、それは自分の能力だから。


昨年の三月はちょっと機を逸して、十二月は予定が決まらなかった。

先生はS藤先生。

一本目:打太刀身体は振り下ろした刀並みに前傾だけど目は相手から離さず。
二本目:仕太刀直前に鋭く抜き、鋭く打つ
三本目:打太刀水月を突いていなされて、
    胸を突かれるので右足を引きながら物打で左足引きながら一つ一つ。
四本目:打太刀上から降ろして八相。上段をとって面を。相手の顔から眼を離さず突く、ついても顔は相手を見続ける。
五本目:打太刀相手のあご辺りまでをきって力なくおろす感じ。
五本目:仕太刀すり上げて一拍子で打てれば良い感じ。
六本目:打太刀相手のが刃をあげて着たら素早く上段をとってすぐに中段、そして小手を打つ。
六本目:仕太刀相手が上段とったらすぐに胸に。素早く払い小手、拳一つ頭上で上段
七本目:仕太刀胸から降ろす感じ。一、二で打つ。
小太刀1:打太刀、三歩目引き付けると同時にうちに。
小太刀1:仕太刀、何事も素早く
小太刀2:仕太刀、懐に入って
小太刀3:打太刀、三歩目、後ろ足はつける、四歩目も。
小太刀3:仕太刀、すり上げすりおろしは剣先を立てたまま。左足を出してうけて、鍔と鍔をかっちり寄せて左手で腕を下からあげる感じで。

いろいろ指導いただいたけど覚えきれなかったかな・・・。
もっと早く教わっておけばよかったなぁ。

一度家に帰り、それから娘のお祝いでしゃぶしゃぶ温野菜に。