朝は普通に起きて、娘のスキー板にワックスをぬって、それから出発。

稽古場には順調につく。先生方が今日はF原先生のみで出しゃばって僕が指揮をはじめはとる。
OBのK塾高3人組とF岡高の一人が稽古に参加。中学生O川君とS郷さんがそちらに参加。僕も最初は剣道形の自習をしてから参加。

高校生はスピード、技のキレ、すべてにおいて素晴らしい。まねできるとは全然思えない。

僕は途中から稽古に入れてもらったけれど、地稽古ではまったく打たせてもらえずに、変な誘いに乗る、無理に攻め入って失敗するなど。
何かと単調なんだよね、経験も何も少ないし。

この間の市体育協会の稽古の時もそうだったけれど、今日もやっぱり俺何やりたいんだろう、何やれるんだろうと思うくらいにどうしようにもない感じだった。

C葉弟先生に左かかとがついているようだというので、そのあたりかかとが浮いてない状態で剣道やってたのかなとかいろいろ考える。

稽古は高校生の熱いものをみてなんか勝手に爽快感を覚えた。

時間になって終わって、いやぁ何ともかんとも全然うまくないなぁと反省ばかり。
剣道やっている時間が実は無駄な時間なんじゃないかとか。

お昼はSABOで娘がピザ、俺がパスタ。