朝はゆっくり。サブウェイで新しいメニューを頼む。それほど美味しくも無く、いつものの方が良い感じ。
仕事は試算がたくさん突然出てきたのであたふたとしながら淡々と仕事をこなす。結局7件ほどの見積もりを仕上げ、ひとつは相手に社印を捺して提出した。
お昼には送別会を行った駐在のひとと最後のランチ。銀座アスターにて。ここの店が美味しいのか僕はあまり評価していない。値段は立派(笑)
午後も見積もり作成をしたりした。
夕方から剣道に行こうかどうしようか正直迷った。ちょっと体調が悪いのだ。風邪とかそういうのではなく昨日の飲み会の疲労感なのかなぁと思うが。

会社は終業時間とともに出る。高砂の駅に着いたのが18:10。そこからマンションまで早歩き。部屋には18:20についた。
袴と道着をたたんで、面と小手と手拭いを防具袋に入れる。竹刀の手入れをしてなかったなぁと思いながらまず部屋を出る。バイクは案の定バッテリーが思いっきり上がっていてキックしてもしばらくは反応が無い感じだった。
30回くらいキックしたあたりでそれっぽい感触があって、それから数回でエンジンがアイドリングした。少しそのままにして、防具袋を結わえ、竹刀袋を方にかけ、バイクに跨りマンションを出た。
稽古場にそれから10分くらいでついた。それでもすでに19時を回ろうとしていた。

道着に着替え、垂と胴をつけて、少し準備体操をした。そのあと竹刀を持って素振りをするが、弦がゆるくなっていた。これは年末すでにわかっていたことなのだが、すっかり直しておくのを忘れていた。

稽古は子供たちが一通りの基本稽古が終わったところで合流。連続面うち、小手面うちなど。それから僕は元立ちになって打ち込み、掛かり稽古をやった。どう打たせればよくなるかなぁと。
今日は幾分からだの動きがぎこちない。3週間も運動らしいものをやっていないのだから当然かとも思う。まっすぐ打つとかそういう最低限の事しか出来なかった。

稽古が終わって胸の辺りがいたいのに気がついた。道着から私服に着替えるとき、乳首を見るとうっすらと出血していた。道着と擦れたらしい。今までこういう経験が無かったのでちょっとびっくり。

剣道をはじめて、今までやったことが無い体験も多い。怪我の類だけでも・・・
アキレス腱の部分断裂、アキレス腱炎、肉離れ、上腕骨外側上顆炎。踵の荒れというか割れ等。
病名をつけるとなんかすごいことのようだが、年取って体の柔軟性がなくなってきた事に加えて、剣道をやることで今までの運動でしなかったような新しい動き、早い動きが加わって起きたことだと思う。
こういうのを考えても、子供の頃からそういう部分を剣道の適性にあわせて成長してきた人とは差があるのかなぁと思ったり。
怪我というまでもないがこれらの症状がなんとなく自分が剣道人になってきている証のような感じがあって、剣道をやっていることにいまだにちょっとテレがある自分としてはうれしいかなと思う。