朝は少し雪が降っていて積もりそうだったのだが
9時くらいになると青空が広がり
雲ひとつ見当たらない青空になった。
ああ、せめて午後休でもとってバイクに乗りたいなぁとおもったが
休みを言うタイミングを逃しておとなしく実験台とパソコンに向かった。
西日の当たる僕の席は窓際族特等席なのだが
なかなかに仕事が忙しい。

今日の青空は冬季鬱病とか言うものから
僕を思いっきり遠ざけてくれるかのようだった。
春がすぐそこにきているという事を感じさせてくれるのだ。

でも暖かかったのも夕刻まで。
それほど冷え込んではいないものの
雪がまた積もり始め、気持ち冬に戻った。

バイクのバッテリー三つに交代交代で充電していく。
いつ、道路から雪がなくなって走れるようになってもいいように。
明日は他のところをメンテナンスがてら見て周るさ。