朝はなんか眠れず。時差ぼけかもしれない。夕方眠く、夜中に目が覚める。
ホテルの朝食をとるが、ハムとかソーセージとかそれぞれにおいしい。でも炭水化物関係はちょっと僕に合わなかった。
ゆっくり目に同僚の運転によるスイスへの移動。ミラノ市内で少し渋滞には待ったが後はそれなりにスムースに。スイス国境近くになると山の頂付近に白い雪が見えるようになる。
それにしてもミラノ市内はインドとは比べ物にならないくらいきれいだ。
国境で40ユーロを払って越境。そこからは氷河に削られて出来たような湖と切り立った山が繰り返し現れた。

途中のサービスエリアで昼食となったが、マルシェという店だけあって市場的だった。料理はちょっと値段が高いが味は満足いくものだった。

そこから40分くらいで目的地に。景色はすばらしい。でも仕事は不調だった。というかほぼこの案件は駄目という感覚を得た。

帰りは同じ道をとおり途中迷ったようだがホテルに着いた。それが16時半過ぎ。それから嫁に頼まれていたお土産の一つアレッシに向かう。ホテルからは距離が2.5kmくらいあるよう。途中のお店や町並みを夕暮れというか夜の中に見た。町はやっぱりきれいだと思う。
もっと南にいけばもっと町や史跡があったのだけれど疲れたのでアレッシだけにした。アレッシの店の地階にはいって物を見ていた。目的のものが見つからないときに店員に話しかけられ、実に単語のみの英語で相手に伝えると伝わったようで目的のものを出してくれた。5本と思ったが6本だと残りの3本分が半額になるとかで6本で買った。ハート型のアイスクリームスプーンだ。会計のときの担当の人は日本人。ちょっとびっくりしたが特に日本人同士という会話は無かった。

ホテルに帰ってきて、少し休んで仕事をしていた同僚と合流して昨日の店に。
昨日は食べなかったミラノのカツレツとかピザを頼んで食べた。



イベコにスカニア、ダフにマン。ルノーメルセデスボルボ
スイス往復で見たトラック系。トラックというよりフルトレーラーだったりトレーラーのほうが結構多く感じた。IVECO、SCANIA、DAF、MAN、Renault、Mercedes、VolvoあたりはVolvoはともかく日本で見るのは難しいので通るたびに首を振って追っかけていた。同僚がちょっと変だと思ってたらしい。でもトラック系格好良いんだもん。(笑)